> カテゴリ
モールス・電鍵
ベランダ・アンテナ
QRP
QSL
ログ
JG2GSY Web Page
笑い話・失敗談
移動運用
SM7XQZ
お役所ネタ
その他:無線
その他:無線以外
> 最近自作したパドル
先日、電子パーツ屋で、手頃なマイクロ・スイッチを見つけたので、それを用いてパドルを製作してみた。
e0151993_20402316.jpg

あえて言うまでもないだろう。名付けて「ゴキブリ・パドル」。XYL には、非常に評判が悪かった(笑)。もちろん触角は単なる joke であるが、「この触角から電波が出るんだよ」、「触角は英語で antenna だろ」と XYL に説明したところ、初めは本当にそう信じていた(笑)。

マイクロ・スイッチを2個組み合わせてパドルにする方法は、誰もが考えるありふれたものである。しかし、実用になるパドルを製作するには、様々な工夫が必要となる。このゴキブリ・パドルも、フィンガー・ピースを取り付けただけでは全く使い物にならなかった。問題点は以下のふたつ。

(1)マイクロ・スイッチが on になるまで、フィンガー・ピースを2センチ以上押さなければならなかった。これは、市販のパドルに例えると、接点間隔が2センチ以上ということになる。そんなパドルなど使えない。

(2)マイクロ・スイッチが on になった後も、レバーに遊びがあり、さらに5ミリほどレバーが動いた。これも市販のパドルに例えると、接点がピタッと止まらずに、グラグラと動くことになる。超 QRS でもない限り、意図した数だけ短点を送出することは不可能に近かった。

そこで、私は、次のような改良を加えた。
e0151993_20404487.jpg

(1)青い矢印で示す部分(レバーの裏側)にプラスチック製のワッシャーを数枚差し込んで、レバーの角度を調整することで、自分の好みの「接点間隔」とした。

(2)赤い矢印で示すように、レバーに穴を空けてネジを差し込んで、レバー・ストッパーとした。これで、マイクロ・スイッチが on になった瞬間、それ以上レバーが動かないようになった。

改良後の打鍵感覚は最高で、我ながら良いパドルを作ったものだと自負している。
[PR]
by jg2gsy | 2009-06-30 20:40 | モールス・電鍵

50 MHz も大好き!
by jg2gsy