> カテゴリ
モールス・電鍵
ベランダ・アンテナ
QRP
QSL
ログ
JG2GSY Web Page
笑い話・失敗談
移動運用
SM7XQZ
お役所ネタ
その他:無線
その他:無線以外
> 理解できなかった Q 符号
無線の世界では、プロ、アマチュアを問わず、様々な Q 符号が用いられている。しかし、アマチュアでは滅多に用いられない Q 符号も多く存在するため、すべての Q 符号の意味を正確に知っているアマチュアは、意外に少ないのではないだろうか。正直に白状するが、私は全く自信がない。Hi, Hi.

アマチュアで頻繁に用いられる Q 符号であるにもかかわらず、オンエア中にその意味を理解できなかったことが、私には今までに4回ある。今回はその4例と、初めて聞いた Q 符号を1例ご紹介したい。なお、例1は完全に私の経験不足が原因であり、例2と例3は私のミスコピーの可能性もある。例4の是非(と言うのか?)に関しては、皆さんのご判断に委ねたい。そして、例5は正にこの原稿を書いている最中に起きた出来事であり、私がいかにアホなのか、思いっきり笑って頂きたい。


例1:

数年前の初夏、Es バリバリの絶好のコンディションの日であった。18 MHz で QSO 中に某 OM さんが、「PSE UR QSY 14」と打ってこられた。「14 MHz に QSY して下さい」という意味であることはすぐに理解できたので、「QSY OK 14R050 HW?」と返して、14.050 MHz で無事に QSO することができた。

そのまま 14 MHz でしばらくオンエアしていると、先ほどとは別の某 OM さんが、今度は「PSE QSY QRX 21」と打ってこられた。私は、一瞬悩んでしまった。前半部分の「PSE QSY」は問題ない。しかし、後半部分の「QRX 21」の意味が理解できなかったのである。「21分待って下さい??」、「21分後に QSY して下さい??」などと、あれこれ考えたが、ご本人にお尋ねすることが最も確実と考え、「QSY OK QRX?」と返したところ、今度は「PSE QSY 21R050」と返ってきた。すぐに 21.050 MHz へ QSY して QSO は成立したが、どうしても「QRX 21」の意味が知りたくて、某 OM さんにメールでお尋ねした。そして、「QRX 21」は、「21 MHz で待っています」という意味であると教えて頂いた。

なるほど。私は、アマチュアでは、QRX は「待って下さい」という使い方しかしない思っていたが、「待っています」という意味にもなる訳だ。そんな基本的なことを知らなかった私にとっては、非常に良い勉強をさせて頂いた。その後、各バンドを注意してワッチしていると、「QRX 3R5」など、同様の使い方を何回も耳にする機会があった。まだまだ修業が足りない私である。


例2:

昨年の夏頃だったと思う。10 MHz で CQ を出したが、何回も空振りが続いていたときの出来事である。スタンバイと同時に、「PSE QRL」と打たれた。アマチュアでは、単に「QRL」と打たれた場合は、「この周波数は使われています(混信を与えています)」という意味になると思うのだが、「PSE QRL」と打たれたのは初めての経験であった。

そこで、「HR QRL?」、「SRI QRM?」と数回打ってみたが、何の反応もない。数分間スタンバイしてワッチしてみたが、私には何も聞こえなかった。CQ を再開して2回目に、ふと、「PSE QRS のミスコピーか?」と思い、40 cpm くらいに QRS して3回目の CQ を出した。すると、ほぼ同じスピードの局からコールして頂いたのだが、打鍵のクセと CW のトーンが「PSE QRL(S?)」と打ってきた局とは全く異なった。その後は誰からもコールはなく、「PSE QRL」の意味は迷宮入りとなってしまった。


例3:

昨年の秋のことである。3.5 MHz で CQ を出し、数局 QSO して頂いたところでコールが途切れたため、「NW QSY」と打って、別のバンドに QSY しようとした。その時点では、どのバンドに QSY するか決めていなかったが。

バンドを切り替えようとした瞬間、「PSE QSP」と、強いシグナルが飛び込んできた。まず最初に悩んだのは、私に対するコールか否か不明だったことである。さらに、「PSE QSP と言われても、何を誰に QSP するのか?」、「どのバンドに QSY するか、アナウンス(QSP)してほしいという意味なのか?」などと考え、とりあえず、「QRZ? DE JG2GSY K」と打ってスタンバイした。すると、「PSE QSP」と全く同じトーンとスピードで、某 OM さんからコールして頂いた。しかし、その某 OM さんとは、以前に 3.5 MHz で何回も QSO して頂いており、何か私にリクエストがあるものと想像した。

「JA#*** DE JG2GSY UR 599 BK」と短く返して、某 OM さんの反応を待った。ところが、「BK UR 599 TU E E」と応答があり、あっさりと QSO が終わってしまったではないか。またもや、迷宮入りの Q 符号がひとつ増えてしまった。


例4:

数週間前、JCC サービスの移動局と QSO して頂いた。「73 TU E E」、「TU E E」と、正に QSO が終わった直後、間髪をおかずに、「QTS」という Q 符号がフルスケールで入感した。「QTS」という Q 符号を知らなかった私は、すぐにアマチュア無線で用いられる主な Q 符号一覧(某書籍の1ページ)を見たが、「QTS」は載っていなかった。そこで、インターネットで検索したところ、(簡単に言えば)「呼出符号を送信して下さい」という意味であることがわかった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Q%E7%AC%A6%E5%8F%B7

「うーむ、? と打つよりも、QTS の方が格好いいな!」と、最初は少し感動した私であった。ところが、良く思い出してみれば、私が QSO して頂いた移動局は、1 QSO 毎に必ず ID を送出し、数 QSO 毎に QTH もアナウンスしていたではないか! 要するに、「QTS」と打った局は、自分が聞いた瞬間に相手局のコールサインがわからないと、すぐに「?」を連発するせっかち君(と私は勝手に呼んでいる Hi)と同じではないか。私の感動は、一瞬にして冷めてしまった。


例5:

今から数時間ほど前のことである。このブログの原稿を書きながら、時々 50 MHz をワッチしていたところ、Es がオープンして、JR6 が1局聞こえ始めた。CW では比較的珍しい JCC なのか、まあまあのパイルになっている。パイルが小さくなった頃を見計らって1コールしたところ、「QSY」だけが返ってきた。「G」を「Q」とミスコピーされることは珍しくない。「やった!、自分だ!」とばかりに、3回もコールを繰り返してしまった。期待してスタンバイしたが、そこには「・・・・・」と、沈黙だけが残されていた。「QSB の谷間に落ち込んだのか?」と思い、もう一度パドルに手をかけた瞬間、「違う!、これは QSY(Q 符号)だ!」と、私は全てを理解した。

良く考えてみれば、今までに「JQ2GSY」とミスコピーされたことは何回もあるが、「JG2QSY」と間違えられたことは一度もない。しかも、Q 符号に関するこの原稿を書いている最中にもかかわらず、Q 符号の「QSY」を、「GSY」のミスコピーと勘違いした私は、穴があったら入りたいほど恥ずかしかった。


皆さんにお願い:

例2の「PSE QRL」、例3の「PSE QSP」の意味をご存じの方は、jg2gsy (at) yahoo.co.jp まで、是非ともご教授頂ければ幸いである。なお、冒頭に記した通り、私が Q 符号をミスコピーした可能性も大きい。
[PR]
by jg2gsy | 2012-05-01 23:30 | モールス・電鍵

50 MHz も大好き!
by jg2gsy