> カテゴリ
モールス・電鍵
ベランダ・アンテナ
QRP
QSL
ログ
JG2GSY Web Page
笑い話・失敗談
移動運用
SM7XQZ
お役所ネタ
その他:無線
その他:無線以外
カテゴリ:ログ( 3 )
私が紙ログに固執する理由(その3)
私の紙ログは、要するに落書き帳である。有用と思った情報は、すぐに備考欄や余白に書き込んでいる。(上下左右はもちろん、裏面も。)ロギング・ソフトのほとんどは、私にとって十分な余白(備考欄)がなく、数行離れた書き込みを互いに矢印で繋いだり、書き込みの種類によってインクの色を変えることなどができない。ロギング・ソフトを使いつつ、QSO data 以外の多くの情報も残すために、別途ノートを併用されている OM さんを知っているが、私は、「紙ログ = ログ(QSO data)+ ノート」と考えている。

私が紙ログの備考欄や余白に書き込む内容は、
 ① 伝搬の種類(Gw, Es, Sc, etc)
 ② アンテナのビーム方向
 ③ 空振りした CQ の回数
 ④ 相手局をコールしたときのパイルの大きさ
 ⑤ 何回目のコールでピックアップされたか
 ⑥ 相手局が好む CW のトーンやスピード
 ⑦ 相手局が好んでオンエアする周波数(の端数)
 ⑧ 入感していたビーコン
などと、書き出したらきりがない。私にとって、これらは非常に有用な情報となっている。

紙ログは落書き中心、QSO data は自作の電子ログで管理。これが現在の私の運用スタイルとなっている。しかし、今までに何回も、メジャーなロギング・ソフトの導入を検討したことがある。この件は長くなるので、改めて投稿させて頂く。


以前、知人から、「コンテストのときも紙ログか?」という質問を受けたことがある。その通り、コンテスト中も紙ログでやっている。移動運用でコンテストに参加する場合は、dupe check も紙ベースで頑張っている。しかし、最近は、固定からコンテストに参加する際は、dupe check だけ Excel を利用するようになった。と言っても、各バンド毎に QSO した局のコールサインを Excel に入力して、アルファベット順にソートしたものを、目で見て判断しているだけである。(オートフィルタ機能を使って検索するほど QSO 数は多くない。)紙ログには記載したが、Excel への入力を忘れて、「QSO B4」が返ってくることなど、毎度のことである(失礼)。「紙ベースと大差ない!」とは、知人の談である(笑)。

リアルタイム・ロギング + キーボード・キーイングと比較すれば、恐ろしく非効率的であるが、私は、そのゴチャゴチャとした慌ただしさと格闘することが、コンテストの魅力と考えている。
[PR]
by jg2gsy | 2013-09-21 11:30 | ログ
私が紙ログに固執する理由(その2)
もう1回、私をアンチ・リアルタイム・ロギング派にした事件(?)があった。先の記事でご紹介したリアルタイム・ロギングに対するトラウマが消えかかった頃、この一件で、反対に何倍にもトラウマが増幅されてしまったのである。

それは、スウェーデンから帰国して半年後、バリバリの Es が出ている絶好のコンディションの日であった。広い範囲が Es で入感し、終始 59(9) で安定している局もあれば、非常に強い QSB があり、谷間に落ちると無感という局もあった。問題は、強い QSB をともなった某局をコールしたときである。

某局:
「CQ CQ こちらは J*#***, J*#*** どうぞ」

GSY:
「JG2GSY(フォネティクス・コードで:以下同様)」

某局:
「JG2 局再度よろしく」

GSY:
「はい、こちらは JG2GSY, GSY, GSY です、どうぞ」

某局:
「えー、わかんないや、CQ CQ こちらは J*#***, J*#*** どうぞ」

GSY:
「JG2GSY, JG2GSY」

某局:
「GSY 局、プリフィックスをお願いします」

GSY:
「了解、JG2, JG2 です、どうぞ」

某局:
「あれー、CQ CQ こちらは J*#***, J*#*** どうぞ」

GSY:
「JG2GSY, JG2GSY」

某局:
「JG2GS 局、ラストレターがわかりません」

GSY:
「ラストレターは Y, Y, Y です、どうぞ」

某局:
「・・・CQ CQ こちらは J*#***, J*#*** どうぞ」

GSY:
「JG2GSY, JG2GSY, JG2GSY」

某局:
「JG 何とか GSY 局、エリア・ナンバーお願いします」

GSY:
「2エリア、2エリア、one, two の two です」

某局:
「んー、わかりません」
「コンディションが良くなったらコールして下さい」

GSY:
「・・・」

「JG2」、「GSY」、「JG2GS」、「JG#GSY」とコピーしておいて、「JG2GSY」に至らない思考回路が不思議であった。その間、ずっと CQ が空振りしていたのである。そこで、「この局はリアルタイム・ロギングをしていて、フルコピーできないと諦めるのが早く(速く)、途中まで入力したコールサインをすぐに消去しているのでは?」と想像した。後日、某所でこの某局が運用中の写真を拝見する機会があったが、やはりリアルタイム・ロギングをされていた。

紙ログを使用していれば、「JG2」、「GSY」、「JG2GS」、「JG#GSY」と文字に残るため、容易に「JG2GSY」とわかるはずだが、電子ログでは、途中まで入力した内容を消去してしまうと空欄しか残らない。私ならば、紙ログに「JG2」、「GSY」、「JG2GS」、「JG#GSY」と書き殴ったであろう。そのために紙ログの数行を使ってしまうが、それは決して無駄ではなく、大きな価値のある数行であると考えている。
[PR]
by jg2gsy | 2013-09-20 00:00 | ログ
私が紙ログに固執する理由(その1)
私は、固定でも移動でも、QRV 中は紙ログを使用して、後で Excel で自作した電子ログ(と言うほど大したものではない Hi)に QSO data を入力して管理している。よって、パソコンで QSO data を管理しているが、リアルタイム・ロギングはしない状態にある。今後も特別な理由がない限り、積極的にリアルタイム・ロギングをすることはないと思われる。しかし、私は、リアルタイム・ロギングを否定するつもりはなく、また、多くのロギング・ソフトの素晴らしさは高く評価している。この点は誤解のないように願いたい。

私が紙ログに固執し、かつ、リアルタイム・ロギングをしない理由(トラウマ)について、3回に分けて述べてみたい。

話しは2002年まで遡る。当時スウェーデンに住んでいた私は、SM7XQZ のコールサインを取得して、10年近い QRT から無線の世界に復活した。(SM7XQZ 運用記はこちら。親友の JN1BPM 局編集。)

浦島太郎状態から脱却するために、インターネットで様々な情報を検索した私は、ロギング・ソフトによるリアルタイム・ロギングの存在を知った。「これは便利そうだ!」と最初は興味津々であったが、ある日を境にして、私は、アンチ・リアルタイム・ロギング派になってしまった。

2002年のある日、それほどレアではない某 entity で各バンドによるプチ DX pedition が行われ、私は、運良く 50 MHz で QSO に成功した。すぐにダイレクトで QSL を請求したが、数ヶ月が過ぎても返信がない。メールで問い合わせたところ、「You are not in our log.」との返信が届いた。実は、そうなる可能性が高いことは、QSO 直後から予想していたのである。

このプチ DX pedition 局は、私と SSB で QSO してから約1分後に、「Wow!」という叫び声とともに送信周波数が数 kHz 移動した。慌てた雰囲気の会話がマイクに入り(内容までは聞き取れなかった)、何のアナウンスもなく突然 QRT したのである。何かトラブルが起きたことは明らかであった。予期せぬトラブルに慌てた OP は、思わずダイヤルに触れてしまい、送信周波数が数 kHz ズレてしまったのであろう。

私は「not in our log」と言われた後で再度メールを送り、「あの Wow! は何だ?」、「私は Wow! の1分前に QSO している」、「何のトラブルだ?」、と尋ねたところ、「トラブルの事実はない!」、「お前が QSO したという時刻には、他の SM7 局がログインされている」、「お前がコールバックを聞き間違えたのだろう!」と高圧的なメールが返ってきた。

ここで少し話しが逸れるが、重要なことなのでご容赦頂きたい。SM7XQZ 運用記の中でも述べているが、大陸の中にある SM でワッチしていると、パスが主に落ちている場所(entity)が徐々に移動することが良くわかる。たとえフルスケールで入感している局であっても、南部 EU(I, S5, 9A)が連続してピックアップされているときは、いくら SM からコールしても無駄である。50 MHz の超有名 DXer である SM7AED, SM7FJE も、南部 EU にパスが落ちているときは決してコールしない。中部 EU(F, PA, DL, SP)が連続してピックアップされる時間帯が過ぎて、北部 EU(OZ, SM, LA)がピックアップされ始めてからがチャンスである。(東西に関しても同様。)

このタイミングを見極めるため、私は、「今どの entity がピックアップされたか」を常にノートに書き留めていた。私がプチ DX pedition 局と QSO したときは、I#***, DL#***, OK#***, SP#***, OZ#*** と連続してピックアップされた。満を持してコールし、一発コールでピックアップされたのである。

私は再々度メールを送り、「私の前にピックアップされた I#***, DL#***, OK#***, SP#***, OZ#*** は、その順番にログインされているのか?」と追求するとともに、私がピックアップされた瞬間の録音ファイルを送りつけた。

およそ1ヶ月後、プチ DX pedition 局から QSL が届いた。同封されていた手紙には、「実は、パソコンのトラブルで、約1時間分の QSO data を失った」と白状してあった。

この手のトラブルは、リアルタイム・ロギングをする上で、完全に避けることは不可能である。最初から「QSO data を失った」と正直に言えば良いものを、「not in our log」、「他の SM7 局」などと嘘をつき通そうとしたプチ DX pedition 局に対して、私は、非常に悪い印象を持った。そして、「QSO data を失う危険性のあるリアルタイム・ロギングなど、絶対にするものか!」と決意したのである。この一件が、現在も忘れられない大きなトラウマとなっている。

余談:
では、紙ログなら QSO data を失うことはないかと言うと、「絶対にない」とは言い切れない。これは数年前に聞いた実話である。ある高い山の山頂に担ぎ上げ移動をした某局が、突然の強風で吹き飛ばされ、危うく谷底へ落ちる寸前であったらしい。「紙ログが谷底へ落ちてしまったため、QSL の発行ができない」という INFO があったが、それを聞いた誰もが、ご本人の無事を喜んだことは言うまでもない。
[PR]
by jg2gsy | 2013-09-15 00:00 | ログ
   

50 MHz も大好き!
by jg2gsy