> カテゴリ
モールス・電鍵
ベランダ・アンテナ
QRP
QSL
ログ
JG2GSY Web Page
笑い話・失敗談
移動運用
SM7XQZ
お役所ネタ
その他:無線
その他:無線以外
かなり恥ずかしい話
今日(2010.05.28)は南方向の Es が好調で、17:00 JST 頃から、50 MHz で XV1X が入感し始めた。最初は CW バンドで CQ を連打していたが誰も応答する局はなく(下記参照)、17:30 JST 頃から SSB でオンエアし始めた。そして、事件はそこで起こった!

「This is X-ray Victor One X-ray, 5 up.」とスプリットを指定しており、私は指示通りに up 5 でコールした。ところが、スプリットに気付かないローカルさんが、オンフレでコールを始めてしまったのである。そこで(余計なお世話かもしれないが)、「5 kHz 上を聞いてますよ!」と教えてあげたまでは良かったが、何とその直後に、私はスプリットのスイッチを入れ直すのを忘れてしまったのである。(ここだけの話だが、実はよくやってしまう。Hi, Hi.)2回オンフレでコールしてしまった直後に、「GSY さん、スプリット、スプリット!」と今度はローカルの OM さん(の声だと思う)から声がかかった。
穴があったら入りたいほど恥ずかしかった。

XV1X が聞こえ始めた当初は、CW で正真正銘 RST 599 で強力に入感していた。私は、ベトナムは 50 MHz では CW/SSB ともに 10 W で QSO して QSL も CFM しているが、QRP では SSB だけだった。どうしても CW QRP でベトナムを get したいと常々思っていたが、まさに今日こそ、チャンス到来と確信した。今までの私の経験では、HF/VHF にかかわらず、相手が RST 599 で入感していれば、私のショボイいアンテナでも、ほとんどの場合 QRP で余裕で QSO できている。(大パイルになった場合は除く。)RST 559 だと五分五分、RST 539 だと相手の耳頼りとなる。XV1X は、10分以上にわたって RST 599 の CQ を空振りしており、5 W QRP でも絶対に一発コールの自信があった。しかし、何回コールしても私のシグナルの存在に気付いてくれないではないか。不本意ながら 10 W に QRO してみたが、結果は同じであった。このような場合、QRM/QRN などで相手側の受信状態が極端に悪いか、または、ゲインの低いアンテナにパワーだけぶち込んでいるアリゲーターのどちらかである。そのどちらかを確かめようと、久しぶりに 100 W まで QRO しようとしたところで、XV1X は SSB に QSY してしまい、あっという間に大パイルとなってしまったため、結論は得られなかった。
[PR]
# by jg2gsy | 2010-05-28 18:25 | 笑い話・失敗談
悔しい!!
本日の19時すぎに 3.5 MHz CW で CQ を出したときの話です。7L3 某局からコールを頂きました。最初は RST 539 でバッチリ入感していたのですが、「7L3*」までコピーした瞬間に、他局から RST 599 over の 「?」を打たれてしまい、サフィックスのラスト2文字がコピーできませんでした。すぐに、「7L3* AGN」と返したところ、再度コールして頂いたのですが、急にノイズレベルが高くなり(後述)、今度は「7L ... *」しかわかりませんでした。あとはサフィックスのミドルレターだけなので、「何としてもコピーするぞ!」と気合いを入れて、「SRI QRN 7L3*?* AGN」と再々度コールをお願いしました。しかし、7L3 某局に何回かコールサインを繰り返して頂いたにもかかわらず、ノイズレベルは高くなるばかりで、いつスタンバイされたのかもわからなくなってきました。それでも、「SRI *?* AGN PSE」と粘ったところ、7L3 某局もあきらめずにコールを続けて下さったのですが、残念ながら、どうしてもコールサインをフルコピーすることができず、5分間の格闘の後に、「VY SRI NO COPI 73 TU」と打って敗北宣言をしました。7L3*?* 局、誠に申し訳ありませんでした。また機会があれば、これに懲りずに、コールして頂ければ幸いです。

7L3 某局は QRP ではないかと想像しています。私も QRP(3〜5 W)のショボい電波で皆さんにご迷惑をお掛けしていますが、その代わり(?)、よほどの理由がない限り、相手があきらめるまでは、どんなに弱いシグナルでも私の方からあきらめることは極めてまれです。「SRI NO COPI」と打って自分からあきらめたのは、私の無線人生(?)で3回目のことです。今回はノイズレベルが高く、これ以上粘っても無理だと判断したことと、「?」と打たれたということは、私をコールするために待っている局が他にもいるかもしれないと考えたからです。そうでなければ、まだまだ粘ったことでしょう。

2006年に北名古屋市が誕生した際、新市サービスでオンエアしたときも、「******/QRP」局からコールして頂いたのですが、QRM が強く、なかなかフルコピーできませんでした。しかし、QRM ならばタイミングさえ合えばフルコピーできると考えて、そのときは10分以上粘りました。相手から「TU 73」と打たれても、「NO TRY AGN TRY AGN」と返して頑張ったのですが、結局 QSO は成立しませんでした。今から考えれば、相手にとっては単なる迷惑だったかもしれないと、半ば反省しています。

私は名古屋のほぼ中心部からオンエアするアパマンハムです。大都市の人工ノイズは、当初覚悟していたほど酷くはないのですが、やはり郊外に移動運用したときと比較すると雲泥の差があります。私を最も悩ませるノイズは、突然現れて徐々に強くなり、数十秒から数分で消える発生源が不明のノイズです。その発生パターンから、発生源はひとつではなく、複数あることは明らかです。今回 7L3 某局との QSO を妨げたのも、この一時的なノイズであり、10分後には跡形もなくなっていました。Damn it!
[PR]
# by jg2gsy | 2010-05-01 20:00 | その他:無線
全く身に覚えのない話
私は、ときどき Yahoo! や Google で自分のコールサインを検索してみるのだが、全く身に覚えのないサイトがヒットした。誰なのか知らないが、勝手に私のコールサインを語らないで頂きたい。単なるタイプミスなら仕方ないが。

Nate Duehr wrote:
>
> Any news on whether it'll have a serial interface (or that mystery USB
> port on the back) capable of doing low-speed DD data?

I do not know for sure Nate, but would bet that the subchannel interface is available via the usb interface for d-rats etc. Especially as since it forms part of the usual DV bandwidth in anycase.

vk4tux


Comment here translated from Japan;

IC-9100 is based on IC-7600. IC-7400 IC-7400 will flow. LCD No, black and white and had what was exhibited last revision to the LCD? IC-911D?V/U RF This IC-911D of the V / U RF integrated parts. 1200? UX-911 1200 UX-911 itself. Dubious conversion harness

DD 150kF7W So 150kF7W DD is not injected. Nor demodulation. 1200 DD Therefore, 1200 can not be achieved in the DD mode. DV FM F3E MOD attach DV is the MOD F3E FM modulation easily attach if possible. DV But, DV and unitization as it may, the list prices as Nosenai to mark the body. DV Shameless, DV unit looks new.

DD S9+ By the way, DD mode but, S9 + signal strength is not the Garanairashii and properly.

This beam is expected to stay away and can not be achieved. DD connect to the Internet from home has no meaning at all, who is also expected to be offline and not used outside. It's a question of speed before.

In fact is being used and the fact the country Excuse me. LAN Ultra-off distance between the wireless and LAN as the main house in the country. I know or if cabins convenient use. LAN 10mW 1200 10W If I go wireless LAN rather Tsunagere external beam, 10mW between buildings because nice things Well, the 10W will not match 1200.

HF~1200 ?RIG RIG HF ~ 1200's or why not? HF V/U Perhaps, but perhaps, HF and systems division of V / U division of the system there, I think that each is completely vertical? V/U Moreover, V / U team in more than 1.2G in the presence of God is, in many of my self-indulgent is correct that there is often talk about people (gathered to listen. There's anywhere in the company. DD ID-1 DD I have used the model ID-1 mean, I'm Monobanda is to it. Funny is all about. 430 I mean I noRenakya 430. I would not not put there.

HF 300MHz HF who are doing something you can handle up to 300MHz. From a lumped design. Design becomes more constant distribution will, however. 1GHz And the next wall to 1GHz. Only come under the influence of the length and dielectric loss.

I think there are still a feature this is?
Later, fixed, mobile, but for different design ideas handy.


That, in the Toko?
Why do people inside.

Huh? The company I work for?
It is of course Onnaji.

by JG2GSY (2009-08-22 02:34)   ←私は何の関係もない!
[PR]
# by jg2gsy | 2010-04-27 12:25 | その他:無線
コンテストのチェック・ログ
もう時効だと思われるので、非常に腹が立ったことを紹介したい。

昨年、私はあるコンテストに参加した。残念ながら、私の QTH からは CONDX が悪く、数局しか NR 交換できなかったため、正式なサマリーとログではなく、チェック・ログを提出することにした。そもそも、チェック・ログとは、コンテストで上位に入賞する(した)局のログが正確か否かを確認するための資料である。よって、私は、チェック・ログを提出する際、自分の得点やマルチなどを計算したサマリーを作成せずに、交信した局のコールサインの他に、交信日時、交換した NR、バンド、モードのみを抜粋してコンテストの担当者に、「チェック・ログ」と明記してメールで提出した。すると、すぐに担当者からメールの返信があり、「得点とマルチを計算したサマリーがない」と文句を言われたのである。そこで、「チェック・ログにサマリーが必要なのか?」と尋ねたところ、「チェック・ログのような余計なものは送りつけるな!」、「余計な仕事が増えるだけだ!」と、信じられない言葉が返ってきた。結局、私は、得点とマルチを計算したサマリーと正式なログを再提出したが、もう2度とそのコンテストには参加しないと決めた。

チェック・ログに関しては、ずっと以前にも嫌な思いをしたことがある。話は1987年まで遡る。私は、JARL 東海地方本部が主催する「東海マラソンコンテスト」に参加したが、ほんの数局しか交信できなかったため、チェック・ログを提出した。ログ・シートは JARL 制定の用紙を用い、サマリー・シートの代わりに、「これはチェック・ログである」と明記した手紙を1枚添えて提出した。そして、数ヶ月後、JARL NEWS に発表されたコンテストの結果を見て、私は我が目を疑った。そこには、

失格局
JG2GSY(サマリー・シートなし)


と記載されていたのである。私は、即刻、JARL 東海地方本部に電話を入れ、コンテストの責任者に抗議した。すると、信じられないような回答が返ってきたのである。「私は一応コンテストの責任者だが、得点、マルチ、順位の計算等は、すべてアルバイトの女子大生にやらせているため、私は最終的な結果しか知らない」とヌケヌケと言うではないか。(まあ、正直な奴と言えば正直な奴だが。)要するに、「アルバイトの女子大生では、チェック・ログの意味がわからなかった」ということである。私は事情を説明し、JARL NEWS に訂正記事を掲載することを強く要求した。その責任者は素直に私の要求に応じ、「速やかに訂正記事を掲載する」と約束した。果たして、数ヶ月後、JARL NEWS を読んだ私は、再び驚くこととなった。そこには、「先日の東海マラソンコンテストで失格局となった JG2GSY は、コンテストに参加しなかった局の誤りでした」と書かれていたのである。コンテストの責任者ですら、チェック・ログというものを理解していない証拠であった。さすがの私も、もう何も言う気にはならなかった。
[PR]
# by jg2gsy | 2010-04-09 19:50 | その他:無線
「みよし市」の道路標識
先の書き込みでも述べましたが、先日の「みよし市移動サービス」の QSL には、「みよし市」という道路標識の写真を使いたいと考えていました。しかし、1月9日の時点では、みよし市を横断する国道153号の標識は、まだ「三好町」のままでした。私の自宅からみよし市までは、直線距離で20キロ弱ですので、その気になれば簡単に行くことができます。しかし、「みよし市」という道路標識の写真を撮るために行ってみたものの、まだ「三好町」のままだったりすると、精神的なショックは小さくありません(笑)。そこで、しかるべき公的機関に電話して、道路標識が新しくなったことを確認してから写真を撮りに出かけることにしました。

さて、そう決めたものの、今度は「しかるべき公的機関とはどこか?」という疑問にぶつかりました。まず、みよし市役所に電話して、「道路標識の設置を管轄している部署はどこか?」と尋ねたところ、市役所内で何カ所か電話を回してもらったのですが、遂に「わからない!」と言われてしまいました。しかし、みよし市役所との電話で、「みよし市内には、国道、県道、市道の3種類があるが、国道と県道の管理に関しては、みよし市役所はノータッチ。」、「市道の管理をしている道路ナントカ課(忘れた)では、市道に市町村境界の標識を設置しない。」という情報を得ました。

次に、愛知県庁に電話して、「県道の道路標識の管理をしている課に回してほしい」と告げると、すぐに担当の課(課名は聞かなかった)に回してくれました。みよし市内の県道に、「みよし市」の標識が設置されるのはいつか尋ねたところ、少し待たされた後、「誠に申し訳ありません。現在設置の準備中で、みよし市内のすべての県道に標識が設置されるのは2月末頃になります。」との回答を得ました。

さらに、県庁の上記の担当者から、愛知県内の国道の管理事務所の電話番号を教えてもらい、同じ質問をしたところ、「誠に申し訳ありません。現在新たな標識を作っている最中で、国道153号の標識の取り替えは、1月末から遅くとも2月中旬に行う予定です。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。」と、必要以上に丁寧な、まるで腫れ物に触るような言葉遣いで説明がありました。誰か「標識の設置が遅い!」とでもクレームを付けたのでしょうか(笑)。

3月1日に、国道153号を通って、みよし市を横断する機会がありました。そこには、ピカピカに輝いた「みよし市」の標識が立っていました。しっかりと写真を撮りましたので、早速 QSL カードを作成して発送させて頂きます。
e0151993_4415058.jpg

[PR]
# by jg2gsy | 2010-03-06 21:55 | その他:無線以外
懺悔(自らの過去の悪い行いを反省し、神仏に告白すること)
皆さまに懺悔(ざんげ)致します。私は、2008年1月1日以降の QSL を、未だ buro へ発送していません。この件に関しては、今だに紙ログを使用してデーターを手書きしていること、プリンターが故障して何ヶ月か QSL の印刷ができなかったこと、ある民事トラブルに巻き込まれたこと、私自身が病気で長期間療養したことなど、様々な理由がありますが、どれも単なる言い訳にしかなりません。皆さまに大変なご迷惑をお掛け致しておりますことを、心からお詫び申し上げます。

先日、私がローカル各局と「みよし市」の新市サービスを行ったことはご存じの方も多いと思いますが、そんな時間があるなら、さっさと QSL を発行すれば良いのです。全面的に私に非があると考えております。誠に申し訳ありません。

2年間分の QSL が全く手つかずという訳ではなく、時間があるときを見つけては少しずつデーターを記入していましたので、半分以上はすぐに発送できる状態にあります。しかし、全部まとめてきれいさっぱり buro に発送しようと考えていたため、さらに発送が遅れる原因となりました。既にデーターの記入が終わっている QSL、および、先日の「みよし市」移動の分に関しては早急に buro に発送させて頂きます。なお、「みよし市」の QSL については、多くの方がそうされるように、「みよし市」という道路標識の写真を QSL に印刷したいと考えておりますが、1月9日の時点では、まだ「三好町」のままでした。「みよし市」に変更されるまで、しばらくお待ち下さい。

2008年1月1日以降の QSL の受け取りをお急ぎの方は、「私のコールサイン@yahoo.co.jp」までご連絡を頂ければ、すぐにダイレクトで発送させて頂きます。

なお、私は、1981年の開局以来、2007年12月31日までの QSO に対しては、「No QSL」と言われない限りは、すべて QSL を発行しました。その間の QSL で未着のものがあれば、郵便事故か buro での誤配のどちらかです。どの程度の確率で QSL が未着になるのか興味がありますので、私からの QSL が必要な方はもちろん、必要でない方も QSL 未着情報をお寄せ頂ければ幸いです。また、データーの誤記載と記載不備がある QSL、および、修正液で修正してデーターを書き直してある QSL(下記注)に関しても、ご連絡を頂ければ、すぐに QSL を再発行させて頂きます。

(注):1981年の開局当初3ヶ月ほどは、QSO データーを書き間違えた場合、修正液で修正して書き直した QSL を発行していました。そのような QSL はアワードには無効ですので、昔の QSL に関してもご遠慮なく再発行を要求して下さい。


------------------------------------------
以下、2010年6月5日に追記。

先ほど 50 MHz の Es で、毎年お世話になる8エリアの局長さんと QSO させて頂いた。レポート交換の直後、「うーん、、、2008年のシーズンから QSL が届いていませんが、今回はどうしますか?」と非常に痛いところを突かれてしまった(笑)。そこで正直に、「QSL の発行をしばらくサボッていましたが、つい先日、まとめてビューローに発送しましたので、今回も QSL をお願いします。」と返答すると、「了解しました。またよろしく!」と快くお許しを頂いた。この方は、本当に良い人である。
[PR]
# by jg2gsy | 2010-01-16 00:40 | QSL
各国の QSL buro の実態、日本への航空便料金と IRC 交換レート
私は、自称 QRP CWer で、いわゆる DXer ではありません。強いて言えば、「DX? さぁ?」です(笑)。しかし、DX QSO には少なからず興味を持っており、DX 局が聞こえていれば、QRP でどこまで届くか試すために、積極的にコールすることにしています。(今日現在、QRP CW only で 80 entities worked.)

先月(2009年10月)、過去数年間のログを整理していたところ、buro 経由で QSL を送っても返信がなかった DX 局が多数あることがわかり、confirm できていない entities に関しては SASE を出すことにしました。その際、「最初から buro 経由にせずに、SASE にすべきだったのか」とも考えましたが、どちらにするか判断が難しい例も多いことに気付きました。さらに、SASE を送るために QRZ.com で DX 局の情報を調べてみると、ある局は「IRC ではなくドル紙幣を同封しろ」と言い、また、別の局は「1ドルでは足りないので2ドル送れ」とアナウンスしていました。そこで、「世界各国の buro の実態」、「世界各国から日本への航空便の料金」、「IRC 交換の実態」について興味を持ち、様々な方法で情報を集めることにしました。

その結果をまとめたページがこちらです。まだ、データーをアップロードしただけで、見栄えのしないページですが、内容の quality の高さには自信があります。

当初は気軽な気持ちで始めたことでしたが、調査を進めていくにつれ、自分が予想していたものよりも、はるかに貴重な情報が集まるようになりました。一度のめり込んだら、とことんまでやるのが、私の長所であり、同時に、短所でもあります(笑)。10月下旬からの約1ヶ月の間、プライベートな時間のほとんどをこの調査に費やし、国内外とやり取りしたメールの総数は遂に500通を超えました。

私が入手できなかった情報をお持ちの方で、今回の調査にご協力頂ける方は、情報の提供をよろしくお願い申し上げます。 jg2gsy (at) yahoo.co.jp までご連絡を頂ければ幸いです。
[PR]
# by jg2gsy | 2009-11-20 12:25 | JG2GSY Web Page
懐かしい地図帳を購入しました
久しぶりの更新です。

昨日、高校の地理の授業で使う地図帳を購入しました。自宅近くの書店で、出版元の帝国書院から取り寄せたものです。
e0151993_1325923.jpg

購入の理由は、単に懐かしさに浸りたかったためです。私は、小学生の頃から地図が大好きで、暇さえあれば地図帳を眺めていました。もちろん、共通一次試験の社会では、迷わず地理を選択しました。学校で使った国語や数学の教科書は捨ててしまっても、地図帳だけは残しておく人は多いそうです。

高校時代に使っていた地図帳を思い出してみると、長い年月が過ぎ去ったことを実感しました。「ソビエト連邦」や「ユーゴスラビア」など、地図から消えてしまった国名も多々あります。また、日本国内では、平成の大合併で新たな市があちこちに誕生していました。
[PR]
# by jg2gsy | 2009-10-27 07:15 | その他:無線以外
誠に申し訳ありませんでした
8月2日の早朝から Field Day contest に参加しましたが、長時間 SSB にて汚い電波をまき散らしてしまい、各局に多大なるご迷惑をお掛け致しました。誠に申し訳ありませんでした。

先にご紹介したように、今年の 6 m & down contest から CQ マシンを導入しました。実戦に投入する前に、自宅で CQ マシンのマイク出力を調整したのですが、6 m & down contest の際に某局から過変調ではないかと指摘されました。そこで、再度マイク出力を調整し、Field Day contest に臨みました。

運用開始直後から、SSB で交信する度に私の電波の変調状態を尋ねていましたが、最初は皆さんから「きれいな変調ですよ」と言われ、安心して運用を続けました。ところが、数時間後から、「過変調では?」との指摘を受けるようになりました。そこで、CQ マシンは電源を切ってスルー状態にして運用を続けたのですが、時間が経つにつれ、さらに、「音声が割れている」、「ハウリングしている」、「音声が途切れる」等々、様々な INFO を頂くようになり、頭を抱えてしまいました。「CQ マシンはスルー状態なので、CQ マシンには問題はない」と考え、マイク・ラインへの回り込みの発生を疑って、持っていた全てのフェライト・パッチンコアをマイク・コードに装着し、さらに、マイク・コードの引き回し方も色々と変えてみました。すると、多少は症状が改善しましたが、最初のきれいな電波には戻りませんでした。

ここで、一旦は SSB の運用をあきらめ、CW のみにしようかとも考えましたが、50 MHz SSB One Day 特記の JAIA アワードを申請したかった私は、自分勝手な姑息な手段を思いつきました。SSB でコールした後、すぐに、「汚い電波で申し訳ありません、回り込みが発生しています」と先に謝るという方法です(笑)。しかし、これでは、相手局に迷惑を掛けるだけでなく、汚い電波をまき散らして、ローカル各局にも迷惑を掛けていることは明らかでした。「リグの純正のマイクさえあれば、マイク・ライン全てを変更できるのに、、、」と悩むことしばし、、、「待てよ、トランクの中に置きっぱなしのままじゃないのか!?」と思い出し、すぐにトランクの中を探すと、そのものズバリを発見し、「あった!!」と大声を上げました。純正のマイクにしてからは、全く問題は発生せず、その後も無事に運用を続けることができました。

さて、運用開始当初は問題がなかったのに、あるときを境に回り込みが発生し、それが時間とともにひどくなった原因を考えてみました。2日の愛知県西部は、早朝から雨が降っており、時には 10 m 先が全く見えなくなるほどのドシャ降りが数時間も続きました。コンテスト終了直前に雨は上がり、機材一式の撤収時には濡れずにすむはずでしたが、アンテナを片付けようと下ろし始めた瞬間、私は頭からビショ濡れになってしまいました。何と、アンテナのアルミパイプの中から、かなり大量の水が流れ出てきたのです。こんな経験は初めてでした。あまりの雨量のため、アンテナのアルミパイプの中に大量の雨水が入り込み、まるでストローのような状態になっていたのです。コンテスト中にモニターしていたわけではありませんが、アルミパイプに雨水が入り込むにつれて SWR が上昇し、徐々に回り込みが発生したのではないかと想像しています。確かに、時間の経過とともに SSB だけでなく、 CW でも応答率が悪くなり、時々リグの保護回路が作動しました。
[PR]
# by jg2gsy | 2009-08-07 22:40 | その他:無線
Eclips
皆さんは、7月22日の(皆既)日食はご覧になったでしょうか。皆既日食の観測に最も適した南の島々では天候が悪く、残念ながら太陽すら見えなかったと聞きました。名古屋でも空は厚い雲に覆われていましたが、ほんの数秒間だけ、雲の切れ間から太陽が顔を出す瞬間がありました。その瞬間の写真がこれです。
e0151993_0154872.jpg

今回、名古屋では部分日食でしたが、実は、私は、10年前に皆既日食を肉眼で見る幸運に恵まれたことがあります。それは、1999年8月11日、私がスウェーデンに住んでいたときのことです。そのときの写真がこれです。
e0151993_0185144.jpg

もちろん、皆既日食を見るのは人生で初めてのことで、その瞬間を今か今かと興奮しながら待っていました。幻想的なダイヤモンド・リングの瞬間には、本当に感動しました。あまりに感動して、写真を撮るのを忘れていたため、この写真1枚しかありません。

今回の日食のテレビ中継でも言っていましたが、太陽が欠けるにつれて、少しずつ暗くなっているはずですが、我々人間の目には、残り10分の1くらいにならないと暗くなったという実感がなく、そこから先は一気に夕暮れのような暗さになります。しかし、普段の夕暮れとは異なり、言葉ではうまく現せない、異様な雰囲気になります。それまで静かだった鳥たちが、街中でいっせいに騒ぎ出し、幻想的な雰囲気を一層盛り上げていました。
[PR]
# by jg2gsy | 2009-07-24 23:35 | その他:無線以外
   

50 MHz も大好き!
by jg2gsy